和LOHAS トップ
《暦で楽しむカフェ風精進(しょうじん)》ゆず胡椒風味のサツマイモ芋ご飯
(2008年10月28日 09:00)

大人風味のサツマイモご飯

畑を仲間で作り始めました。と、いっても私は子どもが小さいので戦力にならず、畑の持ち主のおばあちゃんの御好意で、植えてあるお芋を掘らしていただきました。子どもたちも小さい手で一生懸命ほり、楽しんでいました。

家に帰り早速、さいの目に切り炊飯器に入れ、サツマイモ芋ご飯に。芋は甘く黄金色で子どもはおかわりしましたが、夫は甘いのが苦手ならしく、箸がすすみませんでした。次の日も子どものリクエストで芋ゴハン。今回は夫でも食べやすいように、ゆず胡椒を少し入れて炊きました。甘味のバランスも取れ、大人の味のサツマイモ芋ご飯です。

f1225153245.JPG

■材料(4人分)

f1225153280.JPG

サツマイモ大1本(約500g~600g)

お米 3合

お塩 小さじ1

ゆず胡椒 小さじ半分弱

■作り方

①     お芋を洗いさいの目にきります。大きいほうが美味しいです。

f1225153314.JPG

②     お米を洗い水分量をあわせ、サツマイモ、塩、ゆず胡椒を入れて炊飯します。

f1225153345.JPG

■料理と文 精進料理研究家・和西小牧

鎌倉・不識庵で生まれる。父の藤井宗哲師、母の藤井まり氏とも精進料理研究家。
小さい頃から料理教室で残った精進料理を食べて育ち、ゴマ豆腐食歴26年。現在、オーガニック的屋『エネルギー食堂』を主宰。社員食堂の立ち上げの手伝いや、カフェ風精進料理講師などで活動中。

コメント

コメントする

(コメントは承認された方のみ表示されます)

トラックバックURL

トラックバック

MAP