和LOHAS トップ
和LOHASに暮らす知恵~「地球リズムは健康リズム」―横地 裕・NPO法人健康増進推進機構理事
(2008年10月17日 09:00)

私のコラムも最終回となりました。前回は少し説明っぽい文章になってしまいましたね。

f1224173577.jpg
人は潮の満ちる時に生まれ、潮の引く時に天国に召されるということを聞かれたことはありますか?
これは人が地球の一部である証なのだと思います。

社会システムの変化に伴い、日の出と共に起きて日が沈んだら眠るという生活リズムで暮らしてみえる方は、この日本にはほとんどみえないのかもしれません。ネットやゲームの普及で、夜更かしをされる方も急増したと聞きます。私もその一人なので言い訳はできませんが、それが進めばリズム障害、昼夜も反転してしまい、まともな社会生活が送れなくなってしまう危険性もあるんですね。

人間の1日のリズムは元々24時間より少し長いのですが、太陽の光、あるいは通勤、通学といった社会リズムによってリセットされているんです。でも、先のような生活を続けていると、それがうまく立ち行かなくなってしまうことがあるのです。

たとえば成長ホルモンは夜中にたっぷり出ます。発育の止まった大人には関係のない、と思っていませんか?このホルモンはお肌をきれいに保つためにも。とっても重要なんです。皮膚は身体の中と外とのバリアの役割をもっています。だから、その分損傷も激しく、脱落、再生をよく繰り返しているのですが、それが活発に行われるのが夜中の0時から明け方の4時。その前に就寝し、成長ホルモンをいっぱい出して、肌の新陳代謝を活発にすることが美しさを保つ秘訣になるわけですね。

そうであるにもかかわらず、あなたはまだ地球時間に逆らいますか?

話を移します。「歩くなら朝と夜どちらがいいのか?」、そんな質問を時々いただきます。

朝起きたては、血圧を調節する自律神経のバランスも崩れていますし、眠っている間は水を飲みませんから、血液も濃くなっています。早朝マラソンで心事故が起きやすいのも、そんなことが関係しているんですね。夕方歩いて体温を上げ、また身体を少し疲れされることが、質のよい睡眠につながることも、研究の成果(*)として出ています。ストレスフルな社会ですから、不眠症で悩んでおられる方も少なくないですね。そういう方にも夕方ウォークはおススメですよ。

f1224173618.jpg
また「最近疲れてるなぁ…」、そう思っているみなさん。

夜明け前に満ち渡る、宇宙のエネルギーを感じてみましょう。

朝日の昇る少し前に起きて窓を開け放ち、胡坐をかいて目を閉じ、深く深呼吸をしてみましょう。ピンと張り詰めた空気の中に、爽やかな緑の匂い…。地球のエネルギーが、身体の隅々まで充満してきますよね?

人間は地球の、宇宙の一部なんだということを常に意識し、その永続に感謝しながら、その上で生かされている喜びを味わい尽くしましょう。そのために、できれば地球のリズムで暮らしましょう。それが自分の健康ばかりか、地球の健康にもつながる暮らし方だと私は思います。

これで4回続いた和LOHASと健康シリーズ、一旦終了とさせていただきます。お読みいただき、ありがとうございました。

* [参考] 青栁幸利『身体活動計を用いた、新しい健康づくり』日本医療企画(2007.6)
■関連記事
和LOHASに暮らす知恵-vol1「和LOHASと健康」

和LOHASに暮らす知恵-vol2「アクティブ生活のすすめ」

和LOHASに暮らす知恵-vol3「ツール(身体活動グラフ)活用行動修正法」

■筆者プロフィール

横地 裕・よこち ひろし(NPO法人健康増進推進機構理事)

yokochi.jpg

医療情報系システムエンジニア、医療機器の研究開発(おもに生体信号解析)、手のひらの汗についての研究を経験した後、病気の診断よりも、その前の 「予防」に興味を持つ。現在は10年前に10人の仲間と製品化した身体活動計を使って、現代の人々を「もっと動かす」仕掛けを試みている。目指すは「地球 の健康とすべての人々の健康で豊かな生活に貢献する」こと。
2001年からは自身のWebサイトの中で、ココロとカラダの健康について、多くの読者と会話しており、消費カロリー計算機ページの利用は、いまでも1日1000アクセスを越える。
日本健康教育学会、日本自律神経学会、アメリカスポーツ医学会、運動疫学研究会などの会員

[最近の講演]
・あいち健康長寿産業クラスター推進協議会(2008/6/23)
・ライフトピア・シンポジウム(2008/6/29)

[外部リンク]
NPO法人健康増進推進機構 

コメント

  • seizi - 2008年10月17日 20:06
    いろいろな文明の発達により、とても過ごしやすくなった反面、 地球リズムに逆行する生き方が当たり前になってしまいましたね。 毎日は無理ですが、ほんの少しでも気がついた時に、 地球のリズムを感じて過ごす時間を大切にしたいと思います。 そして、無限の未来を背負った子供たちのためにも、 地球の健康を残しておきたいですね。 自分に出来ることは・・・ほんの少しのことかもしれませんが・・・。 4回の連載ありがとうございました。
  • コメントする

    (コメントは承認された方のみ表示されます)

    トラックバックURL

    トラックバック

    MAP