アスナル金山にドライミスト(涼しい霧の装置)
(2008年7月9日 14:23)

愛・地球博で初めて採用され、ビルや公共施設などの屋外での冷房設備として注目を集めているドライミストが、名古屋市金山の「アスナル金山」に設置されました。

morino08070501

このシステムは1ミリの40分の1というとても細かい霧状の粒を噴霧するため、3メートルほどの高さに設置すれば、人の肌につくこともなく蒸発していまいます。その際に周囲から熱を奪うことにより、冷房の効果が得られるという仕組みです。 

2008年7月5日(土)12時から、式典が行われました。オープニングイベントでは、名古屋市港区にある多加良浦保育園児によるマーチングバンドの発表もあり、モリゾー・キッコロももちろん応援にかけつけました。

morino08070504

続いて噴霧式となり、ステージではシステム稼動ボタンが押され、いっせいにドライミストが噴き出されめました。それと同時に拍手が巻き起こり、霧を浴びようとする来場者たちでいっぱいになりました。

morino08070502

応援にかけつけたモリゾーとキッコロも霧を浴びて気持ち良さそうに会場を歩き回っていました。いつものモリゾー・キッコロより元気だったように感じました。

morino08070503

(森乃雫)

コメント

コメントする

(コメントは承認された方のみ表示されます)

トラックバックURL

トラックバック

MAP