地球未来子ども共和国を建国 - 子ども環境サミット in KOBE開催
(2008年5月5日 15:23)

an080505-01

世界の子どもたちが集まって、地球の未来や環境問題のことを話し合う、子ども環境サミット in KOBEというイベントが、2008年521日(水)から24日(土)までの4日間、神戸市内で行われます。

今年7月に、G8サミット(主要国首脳会議=しゅようこくしゅのうかいぎ)という世界の主だった国の大統領や首相が集まる会議が北海道の洞爺湖(とうやこ)で開かれます。神戸市では、その会議に向けた準備をするG8環境大臣会合(かんきょうだいじんかいごう)が開かれます。子ども環境サミット in KOBEは、この環境大臣会合に子どもたちのメッセージを届けようというイベントです。

子ども環境サミットには、日本のほか、オーストラリア、バングラデシュ、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、イラン、イタリア、ケニア、メキシコ、モンゴル、ネパール、ロシア、南アフリカ、イギリス、アメリカ、台湾の子どもたちが参加する予定です。各国から集まった子どもたちは、地球の将来や環境のことについて意見を発表し、話し合い、未来に向けたメッセージを神戸から世界に向けて発信します。

子ども環境サミットに合わせて、神戸市の六甲アイランドで「地球みらい子ども共和国(きょうわこく)」の建国式典やパレードも行われます。地球未来子ども共和国の大統領と、緑を増やしま省、電車に乗りま省など約20の省の大臣には、子ども環境サミットに集まった子どもたちがなります。そして、子どもたちは、それぞれの国に帰ってからも、写真や映像を使って、所属する省の公約がどのくらい達成できたかなどを報告していく予定です。 

こどもグッドニュースは、こども未来研究所の協賛でお届けしています。

コメント

コメントする

(コメントは承認された方のみ表示されます)

トラックバックURL

トラックバック

MAP