明るいニュースをもっと知りたい!グッドニュースで日本を変える。
グッドニュース・ジャパン トップ
ナゴヤ映画を支援する会代表の益川敏英さんが竹下景子さんと対面
(2010年12月17日 08:06)

ナゴヤ映画『川のある街―それぞれの伊勢湾台風―』を支援する会の代表で、ノーベル物理学賞受賞者の益川敏英さんが名古屋で舞台公演を行っていた竹下景子さんと対面しました。

go20101217masukawa01

益川敏英さんは、竹下景子さんがNHKのドラマ『中学生日記』に出演していた頃(40年位前?)からのファンだとのことで、2010年12月15日(水)に演劇集団『燐光群(りんこうぐん)』の舞台『3分間の女の一生』(作・演出:坂手洋二)に出演していた竹下さんを訪問しました。

go20101217takeshita02

益川さんは、ご自身の著書にサインを入れて竹下さんに手渡しました。サインはギリシャ語の Φιλοσοφία(フィロソフィー)。竹下さんが「どういう意味ですか?」と聞くと、益川さんは「知を愛するという意味。つまり愛知です」と答えていました。短時間でしたが、和気あいあいの初対面でした。

go20101217masukawa-takeshita03
益川敏英さん(真ん中)と竹下景子さん(右)左は益川さんの奥様・明子さん

竹下景子さん主演の燐光群『3分間の女の一生』は、東京や名古屋での公演は終わりましたが、岡山(12月17日)や福岡(12月19日)、伊丹(12月21日)で観劇することができます。

(伊藤剛)

燐光群:http://www.alles.or.jp/~rinkogun/

コメント

コメントする

(コメントは承認された方のみ表示されます)

トラックバックURL

トラックバック

MAP
 
中日環境ネット
Dochubu地産地消のススメ
スポンサード リンク
食のグッドニュース
INFO
協賛企業募集
記事配信先募集
RSS
LINKS
過去のプログラム
過去のプログラム
木造住宅の夜明け G8脱地球温暖化チームマイナス80 和ロハス マイファーム
アクセスマップ