グッドニュース・ジャパン トップ
お米の国の“プラスチック”で、エコ箸を
(2008年8月27日 15:31)

愛・地球博のフードコートで、食器として導入されてから注目が高まった生物由来の有機資源「バイオマスプラスチック」。原料に食品廃棄物や間伐材などが使われることで知られているが、ここで紹介する“エコ箸”には、備蓄用の古々米が使われている。

これは、フジテレビの環境情報番組「ハピふる!」のオリジナルグッズとして発売されたもの。製品化し、販売したのは株式会社インデックス。同社は日本で年間約20万トンの備蓄用古々米が処分されていることに着目。そこで箸の原料として、アグリフューチャー・じょうえつ株式会社が作る「バイオマスプラスチックペレット」を選んだ。

環境にやさしい“米の箸”で、お米を食べる。まさにお米の国にぴったり…!? 「ちょっとしたアイデアのエコグッズですが、これが生活を見直すひとつのきっかけになれば」とインデックス広報の竜野さん。エコグッズ第二弾も開発中だ。

ekohashi-white.jpg ekohashi-kinari.jpg

            ハピふる!お米のエコ箸セット各945円(税込)

株式会社インデックス:http://www.indexweb.co.jp/ 

アグリフューチャー・じょうえつ株式会社:http://www.afj.jp/

(D企画)

コメント

コメントする

(コメントは承認された方のみ表示されます)

トラックバックURL

トラックバック

MAP
 
環境にやさしいチョコレート、「エコチョコ・フォレスタ〈ミルク〉、〈ビター〉」を、ロッテがこのほど首都圏で新発売した。2009年3月24日(火)から...
パック納豆の上に張り付いている、薄〜いフィルム。はがすと、納豆のネバネバがあっちこっちにくっついて、ついイラッ。こんな体験はありませんか。 ...
生物多様性COP10
木造都市の夜明け
G8・脱温暖化チームマイナス80
和LOHAS
マイファーム